よくあるご質問

バリアフリーリフォームについてのご質問

玄関ドアを引き戸タイプに変えたいと思いますが、大掛かりな工事になりますか?その工事期間中、不用心になることはないのでしょうか?

現在の玄関ドアの大きさにもよりますが、各メーカーで今あるドア枠を利用して交換できる玄関扉を発売しています。もちろん引き戸タイプもあります。欄間や障子部にガラスを入れることでより明るい玄関にあると思いますよ。またそういった商品ですと工事も一日で終わるので防犯的にも安心です。

ドアノブが回し辛くなりました、他に使いやすいドアの取っ手はありますか?

握力の弱ってきたお年寄りや手の小さなお子様、両手がふさがっていても大丈夫な下に引くだけのレバーハンドルや、指先だけで押す・引くだけの軽い操作で車イス利用時にも使いやすいプッシュプル式などがあります。

階段昇降機は設置できますか?

屋内・外共に可能です。直線式・曲がり階段等様々なパターンに対応しています。お気軽にお問合せ下さい。

トイレのドアを使いやすい(開けやすい)ドアに変更できますか?

引き戸から開き戸や折れ戸へ、スペースがあれば開き戸から引き戸へと使い勝手や目的に合わせたドアへ交換する事ができます。また入口を大きくしたいなど開口の大きさを広げることも可能です。

手摺はどこでもつけられますか?

ほぼご希望の場所にお取付できます。お使いになられる方が使いやすい高さ・位置・形を考えて施工させていただきます。また補助の対象となる場合もありますのでお気軽にお問い合わせください。

廊下と部屋の段差がつまづきやすい。解消できますか?

A段差解消の出来るスロープ板などがホームセンターなどでも売っています。スロープ板といっても斜面を歩くのではなく、段差に足が引っ掛かり難くすることが目的です。バリアフリーリフォームでは敷居で段差がある場合などそれ自体をとってしまう方法もあります。

夫婦二人だけになってしまいました。掃除が大変なので2階建てを平屋に改築できますか?

もし現在お住いの家がハウスメーカーや工務店で造った在来工法(柱や梁の組み合わせで作った家)であれば平屋にすることは可能です。家を足場で囲み2階部分を解体していき1階部分に下地を作り屋根を仕上げていきます。現在お住いの建物の大きさにもよりますが、およそ1か月程度かかります、また工事期間中は申し訳ありませんがご自宅に住むことはできません。ただ平屋にすると固定資産税が下がるメリットもあります。