夏の調理に、IHクッキングヒーターを選ぶ理由

「夏の汗だくの調理、もう限界…」と、お悩みの方!
ガスコンロからIHクッキングヒーターに替えてみませんか。
それだけで、夏の調理時間がぐっと快適になりますよ。というのも、ガスコンロの場合、炎の熱が空気中に逃げてしまうため室温がどうしても上がってしまうからです。
一方、IHクッキングヒーターは、ヒーターと調理器具が密着しているため、熱が空気に伝わりにくく、キッチンの温度の上昇を抑えてくれます。
無駄に冷房を効かせる必要もないので、電気代が抑えられ、省エネにも効果抜群。
今話題の節電対策にも役立ちますよ。

IHクッキングヒーターのメリットはまだまだあります!

—やけどや火事の心配を軽減

炎が出ず、衣類や周囲に火が燃え移る心配を軽減。
鍋底の温度の上がり過ぎやスイッチの切り忘れなどを防止する安全機能もあり、高齢者がIHクッキングヒーターに替えるケースも多い。
(ただし、汚れ自体が発火の原因となることもあるためお気をつけください)。

—掃除がしやすい

フラットで凸凹がまったくなく、掃除がしやすい点も魅力。
プレートはガラス質で、すっと拭くだけでキレイに。
ガスコンロに比べて上昇気流が少ないため油煙が広がりにくく、キッチンの壁や天井がベタベタに汚れることもありません。
とくにオープンキッチンにおすすめ。

—熱効率がよい

IHクッキングヒーターは火力が弱いイメージですが、標準的な2.5kwのヒーターでは、ガスコンロの一番強いバーナーの火力に相当。鍋自体を発熱させるから熱効率も◎。
とろ火から中火、強火まで、スイッチひとつで調整も自在。

—機能性が高い

自動で温度調整をしたり、湯沸かし後に保温に切り替わったりする機能のほか、自動炊飯機能などを備えたタイプも。高機能タイプが多く、使い勝手も抜群。

夏の調理を快適にするだけでなく、安全と便利が詰まったIHクッキングヒーター。
リフォームのご相談はアサヤマまで、お気軽にどうぞ。