おうちを守る外壁、劣化のサインとは?

 家の外壁の色褪せや汚れが気になりはじめたけど、塗り替えのタイミングが分からない…という方も多いと思います。
一般的には新築から約10年が塗り替えの目安といわれていますが、環境によっては早まることも。
外壁は、雨や風、紫外線などから住まいを守る大切な存在。
外壁が劣化したままでは家を保護する能力が低下してしまいます。
劣化のサインに早めに気づいてメンテナンスを心がけましょう。

劣化のサイン

NO.1_チョーキング

外壁を手で触ったときに白っぽい粉がつくことを「チョーキング」現象といいます。
これは塗装が古くなり変質することで起こります。
チョーキングが起きると塗料は耐久力を失ってしまうので、早めに塗り替える必要があります
ときどき触ってチェックしましょう。

NO.2_塗装の浮きやはがれ

原因は経年変化などさまざま。
浮きやはがれがあるとそこから雨水が染み込み、建物そのものが傷んでしまいます。
そのまま放置すると傷みが進み、修理が大がかりになってしまうことも。早めの対処が重要です。

NO.3_ひび割れ

ひび割れは状態によって危険度が違ってきます。
ヘアラックといって、髪の毛程度の微細なひび割れ(幅0.3mm以下、深さ4mm以下)は早急に対応する必要はありません。
これより大きなひび割れになると雨水が入り込むリスクが高まるので、その部分を埋めるなどの修繕が必要です。
早めにご相談を。

みなさん、ご自宅の外壁は大丈夫ですか?
外壁塗装は決して安くはないので、事前に資金計画を立てておくことをおすすめします。
ある程度予算があると、より長持ちする塗料を選べるなどのメリットがたくさん!
外壁塗装には足場代や人件費も含まれるので、長い目で見ればお得になりますよ。
外壁に関して気になることがあれば、お気軽にお電話ください。

最新の施工事例