リフォーム対応力&使い勝手アップ「アメージュ便器」

 トイレをリフォームする場合、「排水芯(壁から排水管の中心までの距離)」を特定する必要がありますが、ほとんどの場合は既存便器の品番や外観から判断できます。
でも、我が家は昔ながらのトイレで品番が分からない…などのケースも。
そこで今回は、新改良されたLIXILの「アメージュ便器」をご紹介します。
改良ポイントは、排水芯が特定できない場合でもスムーズに交換可能になったこと。
排水芯200~580mmの範囲で調整できるワイドアジャスターを搭載したタイプと、排水芯120mmからの交換にぴったりなタイプがあり、市場のさまざまな便器からより簡単にトイレ交換ができます。
思いがけないトラブルで現場が止まるケースも減り、リフォームする際も安心です。
手洗い器の吐水口の位置が高くなり、手を差し込みやすくなるなど、使い勝手もアップしています。

 「アメージュ便器」は、発売当初からお掃除の手軽さが人気ですが、今回もその魅力はそのまま。
便器のフチがなく凸凹がないフォルムのため、汚れも拭きやすく、お手入れが簡単です。
汚れや水アカが落とせる「アクアセラミック」素材も人気の秘密。
また、少ない水でもしっかり汚れを洗い流せて、節水にも効果抜群ですよ。

 使い勝手も、リフォーム対応力もアップした「アメージュ便器」。
アサヤマが責任をもって交換致しますので、気になる方はご連絡ください。

強力な水流が便器鉢内のすみずみまで回り、少ない水でもしっかり汚れを洗い流します。
手洗い器の吐水口の位置が高くなり、手を差し込みやすくなりました。

最新の施工事例

お掃除のしやすいタンクレストイレに交換

詳細を見る