「直線上にコンロ3つ」使いやすさの秘訣

 家での食事回数が増加したこの1~2年、家族みんなで協力して調理や片付けができるキッチンにリフォームしたい!という方も多いと思います。
今は共働きの家族が増え、家事も夫婦で分担する時代です。そこで今回は、Panasonicのワイドコンロをご紹介します。
ワイドコンロの一番の特徴は、ご覧の通り、直線上にコンロが3つ並んでいること(4つタイプもあり)。
このPanasonic独自のデザインには、これからの時代が求める使いやすさが詰まっています。
きっと家族も自然と手伝いをしてくれるはず。その秘訣を見ていきましょう。

秘訣1★2人並んでの調理もラクラク!

一般的な3口コンロの前に2人並ぶと、肩やひじなどがぶつかりあって窮屈…。
でも、ワイドコンロなら物理的にも心理的にもちょうどよい距離感(75cm)が保てるから、夫婦や親子で左右に分かれて調理OK!
忙しい平日のごはんの支度や、週末の作り置きも効率アップ。
大きな鍋やフライパンも3つ同時に使用できて、調理もテキパキ進みます。

 

秘訣2★手前スペースで下ごしらえ

コンロを奥に配置し、手前に16cmの作業スペースを確保しています。
ここで下ごしらえや盛り付けができるから、無駄な動きが減り、料理の一連の流れがスムーズに。
フライパンの柄も飛び出すことなく安全です。
コンロのトップコートとカウンターは段差がないから使いやすく、お手入れもラク。

秘訣3★グリルパンで効率アップ

専用のグリルパンを使えば、ボタンひとつで調理OK。
その間にほかの作業ができて家事の効率もアップします。
グリル料理は、ほっとくだけなのに味も本格派!
合計50種類のメニューを掲載したクッキングブック付きもうれしい。
通常のグリルは付いていないため、その分収納スペースが多くとれることも魅力です。

ガスコンロ対応のグリルパン

ワイドコンロは、Panasonicのシステムキッチン「Lacucina」と「L-CLASS KITCHEN」の2つのシリーズに対応しています。
また、IHとガスの両タイプがそろっているので、用途や機能にあわせて選ぶことも可能です。
休日は家族みんなでキッチンを囲んで料理やお菓子づくりを楽しんでもいいですね。

キッチンのリフォームはアサヤマにお任せください!お気軽にお問い合わせを。

最新の施工事例